<< 花盛り そーちゃんのアレルギー事情 -... >>
そーちゃんのアレルギー事情 - その2
K皮膚科を受診して数週間後,皮膚の状態が安定した頃,みーちゃんの御用でSこどもクリニックへ行きました.
S先生いわく,そーちゃんの初期の皮膚状態から見て,かなりひどいアレルギー体質と思われるので,K皮膚科の指導で常に肌を良い状態に保って感染等を防いでいくことが大事だろう. さらに,筑波メディカルセンターで血液検査,そして食事指導を受けた方が良いだろうと勧められました.
小児外来にアレルギー専門で評判の先生が複数いらっしゃるとのこと.

折しも新型インフルエンザ感染が騒がれている時期. メディカルセンターの入口にはマスク自販機が並び,着用しないと入館禁止でした.

そーちゃんは行きの車中で爆睡. キャリーごと病院に入りました.
f0086355_22562095.jpg

K皮膚科で待たされるのにすっかり慣れたから,2時間の待ち時間なんて余裕やもんね~.
f0086355_22565220.jpg


そうして血液検査終了.
1週間後に検査結果を聞きに再度来院すると…


がーん w(゜o゜)w
f0086355_22574077.jpg

注:クラスは6段階に分かれ,6が最も悪く,0は陰性.

そーちゃん,犬アレルギーやんか. それも結構酷い (クラス4).
食べ物についても牛乳(クラス4)だけじゃないやんか. 卵(クラス4),小麦粉(クラス3),さらに大豆(クラス2)まで….
(T^T)

スクラッチテストは確かに結果判断が曖昧やなーと思っていたけど,こうも深刻な状況とは.


そして先生の話.
今後の離乳食はお粥→野菜→魚と進めていき,牛乳,卵,小麦粉は除去. 大豆については体調の良いときにまず豆腐を試して様子を見る.
授乳しているさくらママについては牛乳と卵白は除去. 小麦粉はまぁよし.
半年後に再度血液検査を行い,その結果を見て,負荷テストを行う予定.
はー….


帰宅して,そーちゃんは牛乳やバター,卵,小麦粉が食べられないんよ という話をすると
悲観的なあーちゃん『一緒にケーキを食べられないのん? さくちゃんナデナデできひんの?』 サメザメと涙.
楽観的なみーちゃん『ジュース飲んでパン(だからダメだって)に蜂蜜塗ったらいいやん』 ニコニコ.
とても対照的な姉妹です.
(-.-;)

ま,でも食べられないものをアレコレ考えても仕方ないもんね.
和菓子のレパートリーも増やして,家族みんなでうまうまできるものを料理できるようがんばるよ.


そして,問題の犬アレルギーについては…
さくらママが乳製品を避けて授乳しただけでそーちゃんの皮膚の状態はかなり良くなっているし.
まだそーちゃんはそう動けへんから,さくらとの接触が少ないのかもしれないけど.
幸い,引っ越して部屋数が増えたので多少住み分けなど考えながら,やっていこうと思います.

これはまだ検査結果のわかる前に撮った写真.
別にそーちゃんのお手手がカイカイなったり,呼吸がゼイゼイしたりしてないしなー.
きっと大丈夫だよ. ナデナデできるようになるよ.
f0086355_2321573.jpg

私の方が毛をむしられてよっぽど痛かったよ… U@ェ@U


まずは掃除. なんといっても掃除.
ホースにビニールテープで補強しながら騙し騙し使っていた掃除機にちょうど見切りをつけるべき時やな.
パワフルサイクロン,ぽちっと注文しました. 


アレルギーについて勉強しつつ,でもあまり悩みすぎずに,まぁまぁ,できること一つずつやっていくしかないし.
がんばろー.
f0086355_235443.jpg

[PR]
by non08609 | 2009-05-28 23:05 | 妹・弟
<< 花盛り そーちゃんのアレルギー事情 -... >>